寒い季節の暖かい飲み物

朝晩冷え込むようになってきて、暖かい飲み物を美味しく感じる季節になってきました。私はミルクティーが大好きなので、この季節は毎朝ミルクティーです。特にこだわりもなく、普通のティーバッグで作ります。コーヒーはインスタントと豆を挽いたものとではやはり味の差は大きいなと思いますが、紅茶に関しては、ティーバッグでも十分美味しいと感じます。イギリスで暮らしていた友人に聞いたところ、紅茶をよく飲むイギリスの方も普段はティーバッグの紅茶を飲んでいると聞きました。紅茶の国の人もティーバッグなんだと知って、もともとこだわりのなかった私ですがますます気軽に楽しめるようになりました。
ティーバッグにこだわりはありませんが、作り方は一応決めています。まず小さなホーローの鍋に少なめのお湯を沸かします。100ccか150ccくらいだと思います。お湯が沸いたらティーバッグを2個入れて少し煮出します。2個入れるのは濃いめの紅茶にするためです。十分に色が出たら、火を止めてティーバッグを取り出してお砂糖とミルクを入れます。お砂糖はお好みで、ミルクは色を見ながらもたっぷりです。私は猫舌なのでこれで十分熱いミルクティーになります。この方が牛乳の膜もできないし、美味しいような気がします。ちなみにホーローの鍋にはミルクティーの色がしっかりついてしまうので、ミルクティー専用にしています。
家族が起きて来る前に、一人でゆっくりミルクティーを飲む時間が毎朝の楽しみです。